コーディング

macでexeファイルを開く方法!EasyWineをダウンロード

これまでMacでWindows専用のファイルを開くには仮想環境を立ち上げるのが一般的でした。

時間がかかる上にパソコンのメモリも消費するので使い勝手が悪かったのですが、EasyWineを使うと簡単にファイルを開くことができます。

macでexeファイルを開くならEasyWineをダウンロードしよう

exeファイルはプログラムを実行するファイルです。Windowsで使用されるものなので、普通はMacのパソコンでは開けません。

Macでexeファイルを開きたいときは「EasyWine」というツールを使う必要があります。今回はそのEasyWineのダウンロードと使い方を紹介します。

exeファイルを使えるようになるとWindows専用アプリをMacで使うことができます。たとえば有名なテキストエディタの「サクラエディタ」などが使えるようになります。

EasyWineのダウンロードとインストール方法

まずはEasyWineをダウンロードしていきます。(EasyWineは有料で100円かかります)

①こちらのページからダウンロードします。
EasyWine
macOS Catalina には対応していないのでご注意ください。

注意事項や動作環境を確認の上、ページの下の方にある¥100のEasyWineを購入します。購入後、メールでダウンロードリンクが送られてくるのでそちらからダウンロードしてください。

②ダウンロードしたzipファイル「EasyWine64_xxxxxx.zip」を開きます。
ダウンロードしたzipファイルを開く

「開発元が未確認のため開けません」というメッセージが出た場合、

システム環境設定 > セキュリティとプライバシー > [一般]タブを開きます。

ダウンロードしたアプリケーションの実行許可 > 「このまま開く」をクリックします。

「開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?」 > 「開く」をクリックします。

これでダウンロードが完了しました。

続いてexeファイルを開いてみます。

EasyWineを使ってmacからexeファイルを開く手順

開きたいファイルを右クリックして開く方法

開きたいexeファイルを右クリックします。

このアプリケーションから開く > EasyWineを選択します。
右クリックしてEasyWineを開く

「“EasyWine64”はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?」というメッセージが出たら[開く]を押します。

今回はサクラエディタを開いてみました↓
exeファイルが開く

windowsでしか使えないツールがMacで使えるようになるのでとても便利です。

EasyWineからWindowsエクスプローラーを立ち上げて開く方法

EasyWine自体をクリックして実行した場合は「Wineエクスプローラー」が起動するようになっています。

この「Wineエクスプローラー」から実行ファイルを選択することもできます。

「Wineエクスプローラー」から開きたいファイルを開くだけです。

安いのに転職できるプログラミングスクールを紹介します。
安いのに転職可能なオンラインのプログラミングスクール【無料あり】

安くて転職できるスクールは? スクールを選ぶ基準は? この記事ではこのような疑問を解決します。 もともと僕はフリーターで、 プログラミングスクールに通ってエンジニアになりました。 当時安いスクールを徹 …

スポンサーリンク

-コーディング
-

© 2020 まめしばweb Powered by AFFINGER5