コーディング プログラミングスクール 転職

未経験からエンジニアになるまでの手順を解説【実体験】

エンジニアになる手順を解説します。

こんにちは、まつです!
エンジニアを目指す人が増えてますね。

この記事では、
エンジニアになる手順を解説します。

僕もこの方法でエンジニアになりました。

その時の経験をもとに紹介します。

大きく分けて手順は4つです。

  1. 学習サイトでプログラミングを体験する
  2. プログラミングスクールで学ぶ
  3. ポートフォリオを作る
  4. 転職エージェントを活用する

学習サイトでプログラミングを体験する

まずはプログラミングがどんなものか知ることから始めましょう。

ネット上にはプログラミングを学習できるサイトがあります。

たとえば、「Progate」や「Udemy」など。

少しでもやってみると
エンジニアの仕事がどんなものかわかると思います。

学習サイトについて以下の記事にまとめてます。
>> 初心者が使うべきプログラミング学習サイトは?

プログラミングスクールで学ぶ

転職するならプログラミングスクールを受講するべきです。

技術を学べるだけでなく、転職サポートを受けられるのが大きなメリットです。

スクールには転職のノウハウが多くあるのでサポートは受けたほうがいいです。

ほかにも限定求人の紹介面接対策をしてくれます。

以下の記事にプログラミングスクールの選び方をまとめてます。
>> 安いのに転職可能なオンラインのプログラミングスクール【無料あり】

ポートフォリオを作る

エンジニアの転職は履歴書を持参するだけではダメです。

ポートフォリオ(自分の作品集)を作って
面接官に見せる必要があります。
ポートフォリオを作る

エンジニアの転職には、
ポートフォリオが必ず必要になるので作っておきましょう。

ポートフォリオの作り方は以下の記事をご覧ください。
>> ポートフォリオの作り方!未経験コーダー/エンジニア/WEBデザイナー/

ポートフォリオにおすすめのレンタルサーバー

ポートフォリオを作ったらネット上に公開します。

レンタルサーバーの契約が必要になるので、
以下の記事を参考にサーバーを選んでみてください。
>> ポートフォリオ用レンタルサーバーの選び方

転職エージェントを活用する

転職には「転職エージェント」を活用しましょう。

求人の紹介や、企業と給与の交渉をしてくれます。

無料なので使わないと損ですね。

複数の転職エージェントに登録しておきましょう。

絶対に登録しておくべきエージェントは以下です。

詳しくは以下の記事をご覧ください。
>> エンジニア・IT系転職エージェントのおすすめを紹介

まとめ

プログラミングスクールで技術を身につけ、
ポートフォリオを作り、
転職エージェントを活用する

この流れでエンジニアを目指せば高確率で転職できます。

-コーディング, プログラミングスクール, 転職

© 2020 まめしばweb Powered by AFFINGER5