コーディング 転職

ITの勉強は何からするべき?現役エンジニアが解説

ITは何から勉強するかを解説します。

ITを学ぶなら何から勉強するべきか

何から学ぶかは目指すゴールによって変わります。

以下の3パターンから解説します。

  • ①: ITの教養を身につけたい
  • ②: プログラマー・エンジニアになりたい
  • ③: 開発ディレクターになりたい

①: ITの教養を身につけたい・IT営業職につきたい

ITの教養を身につけたりIT営業職につきたいなら

  • ネットワーク・サーバーの勉強
  • 情報処理系の資格取得

を学ぶのがおすすめです。

ネットワーク・サーバー

ネットワーク・サーバーについて勉強すると
ITがどのような仕組みで動いているかが理解できます。

情報処理系の資格取得

情報処理系に関する資格も学んでおくとITの知識が深まりますし履歴書にかけるのでおすすめです。

情報処理系の資格は

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者

などがあります。

学ぶ方法は主に書籍です。
ネットワーク・サーバーの知識、情報処理系の資格は書籍でも十分学べます。

②: プログラマー・エンジニアになりたい

プログラマー・エンジニアになりたい人は何から学ぶべきかというと、
HTML・CSSという技術から学ぶのがおすすめです。

HTML・CSSはWEBサイトを作る技術で
プログラミングの最初に学ぶことが多いです。

学ぶ方法は

  • 書籍
  • 学習サイト
  • プログラミングスクール

です。

特にプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

転職支援のあるスクールに通えばプログラマー・エンジニアになりやすいです。

おすすめのスクール

③: 開発ディレクターになりたい

ディレクターはプログラマー・エンジニアほどプログラミングを学ぶ必要はありません。

プログラミングの基礎までを学び、
そこからは企業に入社して経験を積むことになります。

とはいえ、プログラミングの基礎を学んだだけでIT企業に入れるわけではありません。

なのでディレクターのスクールに通うのがおすすめです。

Webディレクションを学べるスクールです。

勉強を始めるうえで大切なこと

学び始める前に大事なのはどこをゴールにするかです。

ITといってもいろんな種類の知識や技術があります。

プログラマーになりたいのか、ITの営業職につきたいのか、今の職業にITの知識を取り入れたいのかなど。

ここを間違えるとムダな学習が増えてしまいます。

しっかりゴールを見据えて何からITについて学習するか見極めましょう。

-コーディング, 転職

© 2020 まめしばweb Powered by AFFINGER5